YouTubeに動画がアップされない時の超簡単対処法【iMovie編】圧縮で解決



どうも、我太郎です。

最近は、ずっと動画をアップしてるので、

ぜひチャンネル登録しくださいね!!

ちなみに、

Amazonギフト券大量プレゼント企画やってます。

ぜひ応募してください!

 

YouTubeに動画がアップされない

 

さて、先日。

いつも通りYouTubeに動画をアップしようと思ったら、

なかなかアップされない。。。

あれ?いつも通りの手順なんだけどなぁ。

違うと言えば、いつもとは違う、

ドライブ中の動画なだけ。

だめだ、アップされない。

でいろいろと調べてみると、原因が発覚。

 

動画が重い場合はアップされない

 

細かいところは抜きにして、

原因を言うと「動画の容量が重い」ということ。

アップしようとした動画の容量を見てみると、約1GB。

1GBくらいになると重くてアップされない?らしい。

つまりは、動画の容量を圧縮すれば良い。

 

動画の容量を圧縮する方法

 

てことで、早速動画の容量を圧縮する方法を調べる。

私はiMovieを使ってるので、iMovieユーザー向けです。

まず、通常通り動画を作成します。

で、いつも通りデスクトップに動画を一旦ダウンロードするのですが、

その時に、処理をします。

ダウンロードのボタンを押して、

ファイルを選択する。

ここまではいつも通り。

次に、

こんな画面になるのですが、

ここで「品質」はデフォルトで「高」になってます。

ここを「低」にするだけ。

品質を「高」から「低」にするということ。

安心してね。

面白い動画が、面白くなくなるわけじゃないからw

要は、動画が少し荒くなるということだけど、

全然問題ないから気にしないでOK!

その処理をすると、

954.5MBだった動画が、

331.6MBまで小さくなりました!

 

動画がスムーズにアップされた

 

で、このデータをYouTubeにアップすると、

すんなりアップロードされました。

YouTubeに動画がアップできない!

と焦っている人はぜひ動画容量の圧縮をしてみてね。

今回はiMovieでやったけど、

他での圧縮方法はいろいろありますよ!

では!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

我太郎

関西在住のビジネスマン。 仕事やプライベートで感じた不満や疑問、「これってどうなの?」という話を記事にしています。 ぜひ、コメントなどから交流して頂ければ嬉しいです。